BrownEyes/BrownEyedSoul

ここでは、「BrownEyes/BrownEyedSoul」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボーカルグループ Brown Eyed Soul(ジョンヨプ、ナオル、ヨンジュン、ソンフン)がLPを発売する。

プラウンアイドソウルは去年3枚のシングル アルバムをひきつづき発売して年末正規3集アルバムを発売した。3月ダブルシングル「비켜줄게(どいてあげる)/Blowin’ My Mind」で始まった3集音楽のコンセプトは'アナログ'だった。

50~60年代最高の人気ジャンルのDoo Wopの「그대(あなた)」、60年代ソウル ミュージックの楽器構成を再現したサウンドとBrass中心の「Can`t Stop Lovin` You 」、70~80年代Smooth Soul Soundsの「never foget」等、復古ソウルの思い出のサウンドとアナログ的感性でアルバムを満たしている。

単純に消費中心の音楽でない、過去の所有と鑑賞の意味として三枚のシングルを発売する時も、デジタル シングルでないオフライン シングルを発売したし、シングル レコードを集めて正規アルバムを発売する過去のアルバム発売形式を取った。そして最後にプラウンアイドソウルは3集をLPで製作して発売する。

所属会社サンタミュージックによれば、我が国には2004年ソラボルレコードが廃業してLP製作会社がなく日本に行って特別に製作をしてきた。

我が国で最後に製作したLPは2004年特定ミュージシャンのものでなく「Canterbury Music Festival」であったし、大衆歌手では彼より遥か前の90年代中盤015B、ルーラなどが最後だという。

今回のLPやはり、メンバーナオルが直接デザインして、3集全曲をLPに入れるために'2 LP',総2枚で特別製作された。

所属会社は側はこのプロジェクトを実行する前「現実性がない。」「無謀だ」「 少量のLPにどんな意味があるのか」という意見が多かったが、今の音楽が所有と鑑賞でないとてもインスタント的な消費ばかりに偏って、この現実にある象徴的なメッセージとプラウンアイドソウルの音楽的な真心を入れてみたかったと明らかにした。

特別限定版で製作された今回のLPは今週来る22日ソウル、安国洞(アングクトン)のカフェで7時から販売される。

一方、プラウンアイドソウルの3集アルバム発売記念全国ツアーコンサートは21日仁川、28日、29日大田、2月12日、13日ソウル公演を残している。













皆様からの1クリック応援が励みです!よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。