KARA

ここでは、「KARA」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【アンカーコメント】

人気女性グループ'KARA'のメンバー一部が所属事務所に専属契約解約を通知して波紋が生じています。

KARA側は「所属事務所が望んでいない芸能活動を強要して人格をけがした」と主張しています。

イ・ジョンホ記者が報道します。


【記者】

日本にも進出して大きい人気を得た5人組女性ダンスグループKARAのメンバーの中で3人が所属事務所の'DSPメディア'に専属契約解約を通知しました。

契約解約を通知したメンバーはハン・スンヨンとチョン・ニコル、カン・ジヨンで、リーダーのパク・キュリは初めから集団行動に参加しなかったし、ク・ハラは一歩遅れて契約解約通知を撤回しました。

彼らの弁護人の法務法人ランドマークは「所属事務所がメンバーらが望まない活動を強要して人格をけがした」として「各種無断契約まで結んでメンバーらが精神的な苦痛を味わった」と明らかにしました。


▲インタビュー(℡):ホン・ミョンホ/カラー側弁護士

- 「事務所が専属契約上、負担しなければならない色々な義務事項などを1年前から繰り返し違反していて、メンバーや両親たちがずっと是正を要求したが守られないので専属契約を解約することになりました。」


今回の専属契約解約通知は東方神起のキム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンスに続き人気アイドルグループが所属事務所を相手に積極的な不満を表した事例なので注目されています。

KARA所属事務所のDSPメディアは「一部メンバーが不満を持ったことは合っているが、突然の言論発表に当惑している」としてまもなく公式立場を明らかにするつもりだと説明しました。

去る2007年デビューしたKARAは最近、少女時代とともに日本で新しい韓流の熱風を主導していて今後、事態展開に関心が集まっています。







皆様からの1クリック応援が励みです!よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
国民ガールズグループ、KARAが種類が違う隠された魅力を発散した。作曲家キム・ヒョンソクのプロジェクト アルバムにKARAが参加した。

すでにリン、ユリサンジャ、ビッグママ、ナユンクォンなど国内で我こそはと思う歌唱者たちが参加した今回のプロジェクト アルバムのタイトル曲でR&Bのディーバ、パク・ジョンヒョンが歌って多くの愛を受けた「手紙を出します」をカラがリメイクした。

今回のリメイク曲「手紙を出します」という既存のアイドル スタイル音楽の感じから抜け出してKARAだけがこなす事が出来る可愛くてハツラツさを感じることができる。

13日に発売されたKARAの「手紙を出します」は各種オンライン サイトで爆発的な反応を得ている。







皆様からの1クリック応援が励みです!よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。