少女時代

ここでは、「少女時代」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少女時代がアジアを越えてブラジルまで人気を広げている。

最近、ブラジルRede TVの芸能総合プログラム「Leitura Dinamica」では韓流の熱風に対して紹介し少女時代の映像を公開した。

この番組は世界の有名なアーティストを紹介するブラジルの芸能総合プログラムで少女時代を紹介する以前からビッグバン、ワンダーガールス、スンリなどのミュージックビデオを公開してブラジルで吹いているK-POP熱風に対して集中報道したことがある。

少女時代はブラジルでK-POP人気投票でも1位を占めるなど底力を示している。これと同時にブラジル現地の人々もやはり少女時代の「oh!」 「HOOT」等のダンスをまねた映像を掲載するなど韓流の熱風に火をつけた。

これに対して国内ファンたちは「やはり世界へ伸びていく少女時代だ」 「少女時代すごい」等多様な反応を見せた。


写真集のみ


写真集+DVD





皆様からの1クリック応援が励みです!よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
人気ガールズグループ少女時代9人を主演にしたドラマ製作説に対して所属会社側が公式立場を明らかにした。

少女時代の所属会社SMエンターテイメント関係者は2日マネーツディ スターニュースとの電話で「ドラマ出演の計画はない」と明らかにした。

関係者は引き続き「国内外、少女時代はグループ活動に力を注ぐ予定でドラマ出演の計画はない」と説明した。

2日午前、少女時代9人メンバーが出演するドラマが企画段階という要旨の「少女時代ドラマ」製作説が提起された。

写真集のみ


写真集+DVD





皆様からの1クリック応援が励みです!よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村
少女時代、9人のメンバーが全員主人公として出てくるドラマ。

彼女らを素材にしたfandom漫画や小説でも見ることができそうな姿をテレビ劇場で見るようになる展望だ。

韓国はもちろんアジア地域で最もホットな芸能人の中の一つ、少女時代メンバーらが皆出てくるドラマが本格的に推進されていてエンターテイメント業界の大変な関心を集めている。複数の芸能界関係者によれば、現在あるドラマプロダクションが日本の人気漫画を原作に「少女時代のドラマ」を企画中だ。この製作会社はこのアイテムを持って演技者が所属している芸能企画会社を相手にキャスティング作業を進行している。また、ドラマの台本を書く作家を定めるために有名作家らを相手に水底接触をしている。

ドラマは少女時代メンバーらが各自、話の中心になるそれぞれのエピソードが繰り広げられる。

製作会社は日本でドラマを先に放映して以後、韓国で放送する方式を構想していて、現在の地上波1ヶ所と編成のために具体的な議論をしている。

もちろん現在の状況では少女時代のドラマ製作は早くとも今年の下半期にでもなされるものと見られる。少女時代は昨年末、日本で大きい突風を起こした後、その余勢を継続するために2011年上半期は日本で音楽活動に注力するという立場を明らかにした。したがって、音楽活動をしながらメンバー全員が長期間時間をあけなければならないドラマ撮影を併行することは難しい。

少女時代の所属会社SMエンターテイメントのある関係者は1日スポーツ東亜との電話通話で「メンバー9人が主人公のドラマ提案を何箇所から受けた」として「メンバーらが皆出演するドラマを反対はしないけれど、今はドラマ撮影ができる状況でない」と明らかにした。

この関係者は「撮影のためにメンバースケジュールを長期間空けることはできないし、すぐにはドラマ出演を考えることはできない」と付け加えた。

少女時代のメンバー中にはユナが2007年ドラマ「9回裏2アウト」を始め「君は私の運命」、「シンデレラマン」等に出演し演技者として良い評価を受けた。スヨンは2008年に公開された映画「少女漫画」で助演で出演したし、1月31日放映されたSBS 「パラダイス牧場」ではカメオで出演した。ジェシカはミュージカル「キューティブロンド」に主役を演じて演技力を見せたことがある。






皆様からの1クリック応援が励みです!よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村
歌手キム・ボムスと少女時代テヨンが一緒に歌った「달라(違う)」が31日公開された。

「違う」は歌手でありアルバム プロデューサーのパク・ソンジュが直接、作詞・作曲を引き受け、導入部ナレーションにも参加した。編曲はキム・ボムスがデビューしてから長い間、共にアルバム作業をしてきた作曲家キム・ミンス(a.k.a DON SPIKE)が作業した。

パク・ソンジュは今回のデュエット曲の作業について「悲しい感性を歌うボーカルは多いが、やはり彼らは歌を通じて感動をプレゼントできる最高の歌手だ」として「多くの別れの歌を作ってきたが、そのすべての曲などの完結版といってもかまわないくらい完成度の高い曲が誕生してうれしい」と伝えた。

音源公開直後、オンライン音楽サイトを通じて「違う」に接したネチズンらは「やはり歌唱力終結者という呼称に合う歌唱力を披露した」として賛辞を送った。

現在のキム・ボムスはテヨンとのデュエット曲「違う」音源公開とともに4月中に発売される正規7集アルバムPart 2の後半作業に突入した。








皆様からの1クリック応援が励みです!よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村
ガールズグループ少女時代のテヨンが歌手キム・ボムスとデュエット曲を発表する。

28日、ポラリスエンターテイメントによれば、テヨンとキム・ボムスは来る31日デュエット曲「달라(違う)」を電撃発表する。

「違う」は作詞・作曲家兼アルバム プロデューサーの歌手パク・ソンジュの曲で、来る4月発売予定のキム・ボムスの7集アルバム「SOLISTA:Part 2」に収録される音源中、先に公開されるシングル音源だ。

キム・ボムス所属会社関係者は「SOLISTAの意味が最高の'独走者、'独唱者'を称する言葉として、テヨンはアイドル ガールズグループを代表する少女時代のリード ボーカルでありキム・ボムスが大切にする後輩歌手であるのでデュエット曲に参加を薦めることになった」として「テヨンとその所属会社側が快く応じて共同作業することになった」と説明した。

一方、キム・ボムスとテヨンが一緒に歌ったデュエット曲「違う」は来る31日0時に各オンライン音楽サイトを通じて電撃公開される。






皆様からの1クリック応援が励みです!よろしくお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。